水戸在住の仲田絵美さん新宿で、写真展「よすが」

このエントリーをはてなブックマークに追加

14年前、作者の母が死んだ。

作者の家ではこれまでの間、母の遺品を保管していた。

しかし去年の父親の定年を機に、これらを処分することになり、作者は母の遺品撮影を始めた。

作者が撮った遺品写真。

母の遺品を身に纏った自分自身を撮影した写真。

また、その姿を父に撮影してもらった写真など。

これらの写真から見えてきたもの。

それが身や心のよりどころ、すなわち「よすが」であった。

カラー20点。

(写真展情報より)

□ 会場・スケジュールなど

・会場:新宿ニコンサロン
・住所:東京都新宿区西新宿1-6-1新宿エルタワー28階
・会期:2015年11月3日火曜日~2015年11月9日月曜日
・時間:10時30分~18時30分(最終日は15時まで)
・休館:会期中無休
・入場:無料

□ ギャラリートーク

新宿ニコンサロン:2015年11月7日土曜日12時30分~13時30分

□ 作者プロフィール

1988年茨城県生まれ。2011年写真ワークショップ松本美枝子の「キワマリ荘の写真部」を修了したのち、作品の発表を始める。茨城県水戸市を拠点に活動中。

受賞歴に、第6回写真「1_WALL」審査員奨励賞(選・小林紀晴/姫野希美)、第7回写真「1_WALL」グランプリがある。